長期・短期の仮想通貨投資のメリット・デメリット

仮想通貨投資には、長期投資と短期投資の2つの方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、特徴を知って上手に活用してみましょう。

長期投資のメリット

長期投資は長い時間をかけて、コツコツとお金を育てていく方法です。

  • リスクが低い
    短期間で儲けようと思うなら、多額の資金を短期間につぎ込まなければなりません。もしも失敗したときのことを考えるとリスクが大きいです。
    長期投資は長い時間をかけてお金を育てていくので、少額から始めてもうまく育てば儲けにつながる可能性があります。短期投資に比べるとリスクが低いといえるでしょう。
  • 忙しい人でもできる
    滝投資の場合はこまめに相場をチェックする必要があります。毎日のように相場をチェックするとなると、忙しい人にとっては大変です。
    長期投資の場合、1年後に儲けることを考えているなら、毎日のように確認する必要はありません。忙しい人でも始めやすいことでしょう。

長期投資のデメリット

  • 儲けにくい
    低いリスクで始めることができる長期投資ですが、リスクが低いということはそれだけ儲けも少ないということです。
  • 管理を忘れがち
    毎日こまめに確認する必要がない長期投資ですが、忙しい毎日を過ごしていると確認を忘れてしまうことがあります。最低でも月に1回は確認をしましょう。

短期投資のメリット

短期投資は1~1か月ほどの期間で儲けを得ることを目的にしている投資です。

  • 大きな利益が見込める
    短期間に多額の資金を投入する短期投資では、うまくいけば大きな利益を得られる可能性があります。仮想通貨の銘柄が上昇している最中に購入をし、上がりきったところで売却すれば大きな利益になるのです。
  • 投資に関する知識が身につく
    短期投資で成功するためには、相場の動向をよそうしたり、世界の金融に関する知識などが必要です。短期投資を何度か行っていると、こういった知識が身についてくることでしょう。書籍やインターネットからも情報を得られます。

短期投資のデメリット

  • リスクが大きい
    高額を投入する短期投資は、失敗をしたときのリスクが大きいです。生活に支障が出てしまう可能性もあります。
    万が一のことを考えて余剰金で始めるとよいでしょう。
  • 精神的な負担が大きい
    毎日相場を確認しなければならず、投資のことを常に考える必要があり、失敗したときのリスクも考えると精神的な負担が大きいです。毎日の相場チェックのために時間を取られてしまい、趣味の時間を楽しめないこともあります。

SNSでもご購読できます。